【5月19日 ショウキ先生講演会 その⑧ ルイボスティーは不妊症にいいのか?悪いのか?】

【5月19日 ショウキ先生講演会 その⑧ ルイボスティーは不妊症にいいのか?悪いのか?】

今日は第8弾

ルイボスティーって どうなんですか?

よく皆さんから質問を受けます。 今回は東洋医学的に

ルイボスティーが どんな位置づけのものなのか

ショウキ先生のお考えを知ることができます

あと、昔話に見た 不妊症に良い食べ物

知っておくととても役立ちますよ。

先生の講演内容を 録音して打ち込みました。

先生は中国の方ですので、少し日本語にするとおかしくなる箇所が

ありますがお許しくださいね。

それから 他のものだとタケノコ

タケノコは解毒作用持っています。

昔ばなしで かぐや姫  おじいさん おばあさん きれいな娘ができた

あれは 不妊症ではなかったのかな?と勝手に思っています。

そうすると 桃 桃も子宝のものです。  桃太郎 桃太郎のおじいちゃん

おばあちゃんも不妊症です。  半分冗談ですが・・・

でも、そう考えると覚えやすいですよね。

kaguyahime

タケノコは解毒作用があります。 どんどんどんどん伸びていく

タケノコ ソラマメとか できるだけとる

あと、 サトイモサツマイモ   サツマイモは終わりかけでが

これから サトイモですが これも子宝のものです。 実はイモ類

食べている地方は 子供生まれやすいと言われています。

 st_sttutiya

今、話題のルイボスティーですね  これは冷えている人には合わない

のぼせている人には合う  これはもともと

南アフリカのもの暑いところのものなので

そこで暑いところでとれるものは体冷えます。 そこで冷えている人には

向いていない。

d48554b3c9bcd6aeedb66128b1f98faa299a3ea6

あと もやし もいい もやしの中には葉酸とビタミンBが多く入っている。

こういうもの 体は元気をつけるもの

どんどん伸びているものをとれば体が元気になる。

もちろん 温かくして食べることは大事

Web
Web

それで どうして漢方が必要か? 

漢方は生命力の極めて強い薬草を入れるという事です。

それで元気になる。 それが漢方の原理です。

 例えば朝鮮人参 高級な漢方ですが畑で朝鮮人参作ったら

草も生えてこない なんで草が生えてこないか?

それは朝鮮人参がすべての土の栄養を吸い上げるから

だから朝鮮人参はすごく元気になる。

そういうのが漢方の原理なんですね。

東洋医学でいうところの気ですね 強い気ができる パワーができます。

それで どうして漢方が必要か? 

漢方は生命力の極めて強い薬草を入れるという事です。

(続く)


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です