【5月19日 ショウキ先生講演会 その④  妊娠しやすい時期 妊娠しにくい時期】

【5月19日 ショウキ先生講演会 その④  妊娠しやすい時期 妊娠しにくい時期】

 5月19日におこなわれた タカキ薬局の妊活支援市民講座

ショウキ先生が 40代でも間に合う不妊治療 という演題で

90分みっちりとお話していただきました。

 DSC02784

今日は第4弾

1年でも妊娠しやすい時期というものがあります。

逆に妊娠しにくい時期というものもあります。

大事なのはそれを理解して意識していく事です。

さて、これから迎える夏はどんな時期でしょう?

先生の講演内容を 録音して打ち込みました。

先生は中国の方ですので、少し日本語にするとおかしくなる箇所が

ありますがお許しくださいね。

こういうやり方ですね。 やはり時代の事

いろいろと原因がありますが20代とか30代の方が少なくなって

40代の方が普通になってきています。 十分に間に合います。

十分赤ちゃんができると自信を持ってください。

こういうことが、私が何ができるか考えてみます。

僕の経験から、例えば2人目不妊の方が増えてきています。

2人目妊娠しやすい季節とかあります。

例えば、最初のお子さんは5月に妊娠できたとします。

 そして2人目がほしいとなった時に

いい卵子が出るのが時間的には 5月か6月くらいです。

例えば自分の兄弟の誕生日 みんな 

結構近いという事がありますね。

人間には習性があります。 春に良くなる人もいれば、

秋に良くなる人もいます。

その時期でチャンスを失わないように頑張る

という事も一つのコツ

それで 前回が胚盤胞が3個取れたとします。 

そしたらそれも習性かもしれないので

来年もその月に摂れやすいという事が高いし、

 例えば3カ月周期なんてこともあります。

愛知医科大学の方で2000人くらいの統計でいうと

妊娠しやすいのはです。

10月~12月までが一番妊娠しやすい というデータも入っています。

基本的には 春と秋にはできやすく

 夏は冷房使って冷やすのでできにくくて

冬は寒くて冷えてできにくい  そういう傾向があります。

だから 自分の体ですね そこを意識して目標にして頑張るという事。

あまり 数字を気にしすぎるよりも 卵胞ができているかどうか

クリニックでも超音波を大事にする感じになっています。

冬は寒いからという事でわかりますが、夏ができにくいという事は

あまり知られていない事実(´・ω・`)

結局 冷房や冷たいものを摂るのと無縁ではないですね。

だからこそ 知識を持って意識しておくことが大事です。

当店の温灸器などはすごく有効ですね。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です