【病院の治療でAMHが低いと言われたら・・・・・】

暖冬からいっぺん 寒い日が続きますね。(#^.^#)

でも、考えてみれば あと一ヶ月 で3月

これから始まる2月は その春の為の準備の期間です。

ひとつひとつ 自分の体について見直していきましょう。

20140319-00035268-r25-001-3-thumb

(春になったら 自分の中の小さな土筆が

芽吹くイメージをして・・・・)

では、今回はAMH (アンチミューラリアンホルモン)をテーマにしますね。

よく 「AMHが低かった・・・・・ 」シュン となってしまう方が多いです

AMH (アンチミューラリアンホルモン)とは、卵巣年齢がわかる検査と言われています。

まだ、赤ちゃんと出会えていない方にとって、年齢は重要なファクター (-_-;)

年齢が高くなるにつれて卵巣機能は低くなりますが、個人によるバラツキがあります。

初経の頃より、原始卵胞は活発化し

原始卵胞 → 発育卵胞 → 前胞状卵胞 → 胞状卵胞 → 成熟卵胞

と成熟し、約6ヶ月かかって排卵します(^l^;)

AMHはこの成長途中の卵子から分泌されるホルモンです。

このAMHが高いとそれだけ成長途中の卵子が卵巣内に、たくさんストックされているということになります。

20代と比べると、35~39才ではAMH値は半分以下に減少。

amh_04

(加齢に 伴うAMHの変化 確かに低いより高い方がいいが・・・)

40~44才ではさらに半減。

比較的年齢の若い人でもAMHがかなり低い数値の方もおられます。

  ここがポイント!!

AMHは”卵のもと”が残っているかを推定(あくまでも推定)することができますが、

卵子の質を表すものではないので、AMHが低いと妊娠できないというわけではないという事

e10177e58c596cfbc2492f40a504bd5b

(英語でわかりにくいですが AMHは卵から出ている事が分かります。)

卵子の質とは無関係なので、質の良い卵子を作る事が大切です(^o^)y

もっと詳しく知りたい方は、ご来店お待ちしています~


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です